アニメ産業の動向

日本のアニメ産業の動向とは、
一体どういったものなんでしょうか。

 

 

 

 

日本のアニメと言えば、
日本発祥のオリジナルな文化として、
世界的に評価を得ているものです。

 

 

 

2003年宮崎駿監督の作品、
劇場用映画「千と千尋の神隠し」も、
アカデミー賞長編アニメ賞を受賞していますし、

 

 

日本のアニメ産業の質の高さは、
世界のトップクラスと言われています。

 

日本人なら誰もが知っている
アニメも、
次々と全世界で認識されるものに
なってきています。

 

 

 

 

 

日本のアニメ産業の動向は、

 

原作から始まり、
テレビアニメや劇場版アニメの放映、
ビデオやDVDなどの商品化、
グッズ販売と、

 

昔から変わらぬ動向を遂げてきました。

 

 

 

 

 

 

 

 

テレビアニメの制作、ビデオ化、
DVD化や、レンタルの、

 

放送や放映の売り上げだけでも、
年間2000億円を超える売り上げを出している
日本のアニメ産業は、

 

これからも
国内・海外ともに、
まだまだ流通していくだろう産業だと言えます。
ですが、日本のアニメ産業も、
そういった放映の売り上げは、
縮小していっている傾向にあります。

 

 

 

 

 

実は、
アニメ産業の動向歴史が長い
日本のアニメーションですが、

 

 

最近では中国もアニメ産業を
活発化させています。

 

 

 

2004年から始まった
中国のアニメ産業は、
今では日本を抜くほどの、
産業となっています。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ですが、
日本のアニメ産業は、
全国の生産高60%を占めていると
言われています。

 

 

 

 

それだけ世界のトップクラスに上っていた
日本のアニメ産業なんですが、
現在では、ややアニメ市場も縮小し、
放映やDVD化などの売り上げは減少しています。

 

 

 

逆に、アニメの商品化が進み、
キャラクター商品やグッズなどの売り上げは、
年間6500億円と、
大幅に上昇しているようです。

 


このページの先頭へ戻る