アニメ産業を盛り上げる

 

日本のアニメ産業は、
現在新作の制作や、
海外での企業合作、ネット配信などの本格化が盛んになり。
かなりの盛り上がりを見せています。

 

 

 

 

 

日本のアニメと言えば、
世界に日本を好印象づけるものであり、
国をあげて制作に力を入れるべき、
産業文明ですよね。

 

 

 

 

 

2006年から徐々に後退を見せていた、
アニメ新作制作も、

 

2011年には、220本のアニメ作品が放映され、
活動的な勢いを見せています。

 

 

 

 

 

 

 

 

アニメ産業の中でも、
売り上げに最も貢献し、ニーズの高いものと言えば、
玩具やゲーム、音楽、関連本、
グッズなど、

 

アニメファンの増加を
盛り上げる関連商品が
たくさん販売されています。

 

 

 

 

 

 

日本のアニメには、
海外のファンも多く、

 

コスプレと呼ばれる、仮装をして、
歌やコンサートなどが開かれたり、

 

もちろんDVDやグッズの商品も、
多数販売されています。

 

 

 

 

 

海外にもファンが多く、
日本にもアニメファンがこれだけいるんですから、
アニメ産業は、盛り上げようとしなくても、
勝手に盛り上がっていきそうですね。

 

 

 

 

 

 

 

 

ですが、
これから、アニメ産業を
どうやって盛り上げていくか。
ということを考えると、

 

やはり、海外流通を
もっと広げていき、

 

世界規模での日本アニメの発展を
進めていくことが一番だと思います。

 

 

ですが、海外進出を
図ろうと思うなら、

 

世界に通用するアニメーションを作らなければいけません。

 

それは、技術的なものではなく、
作品内容的なこだわりになってきます。

 

 

 

世界中でのアニメに対するニーズは、
多様なもので、

 

アニメが「子供向け」だと考える国では、
日本が誇るアニメ【ガンダム】でも、

 

「戦闘シーン」に対する嫌悪から、
海外展開できない国も多いようです。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

海外進出の為には、
そういったニーズにいかに答えられるか、
アニメの制作から販売に至るまで、
試行錯誤が必要なんじゃないでしょうか。

 

 


このページの先頭へ戻る