海外へのアニメ産業の進出

アニメ産業は、
どういった海外展開をしていったんでしょうか。

 

 

 

 

 

外国では、コスプレ大会なども
行われて、
日本のアニメキャラクターが大人気です。

 

 

 

 

魔法少女系アニメ【セーラームーン】から、
現在大人気な【ワンピース】【エヴァンゲリオン】など、

 

 

 

 

アメリカやヨーロッパの方では、
日本のアニメの熱狂的ファンも多く、
アニメを理解する為だけに、
日本語を勉強している方も、
よく見かけます。

 

 

 

 

 

 

 

 

日本では少子高齢化が進み、
子供向けのアニメビジネスは、
これ以上展開が難しくなってきました。

 

 

日本でアニメ産業を大きくしようとするなら、
海外へ進出していくしかありません。

 

 

 

 

 

アメリカ、フランス、中国など、
アニメビジネス市場として
大きい国に対し、
アニメ産業の展開を図らなければいけません。

 

 

 

 

 

 

海外展開と言っても、
日本のアニメ産業のような、
TV、DVD、宣伝広告を主流とした
産業文明は、
海外で注目度の高いものです。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

アニメと言っても、
吹き替えさえすれば、
どこの国へも展開できます。

 

 

 

アジア市場は今のところ、
あまり進出は予想されていないようですが、
アメリカ、フランス、
イタリア、スペイン、ドイツ、
インドなど、

 

 

日本のアニメ産業が
海外へかなり進出している国もあります。

 

 

 

 

 

 

海外へのアニメ産業の進出は、
歴史こそ最初は早かったものの、

 

現在の規模は、
収縮しつつあります。

 

 

 

 

 

それは、
アニメに対するニーズや、
アニメーションデザインの受け入れ方の違いによる、

 

【コンテンツに対する不満】が
高まってきたからです。

 

 

 

 

アメリカ版スパイダーマンの
マンガを持っていたんですが、

 

「アメリカのアニメは、
リアリティがある絵だな」と思っていました。

 

 

 

 

日本はどちらかと言えば、
リアルさを追求せず、

 

きらきらした目や、整った表情・パーツが
人気ですよね。

 

 

 

 

 

 

海外向けの良いコンテンツを提供すれば
まだまだアニメ産業は、
世界へ進出していけます。

 

 

 

 

 

 

 

 

日本のアニメを受け入れる国も、
どんどん増えているんですから、

 

これからのアニメ産業の、
コンテンツ拡大や生産技術などの
供給に期待していきたいところです。


このページの先頭へ戻る