アニメ産業の市場規模

インターネットが普及した時代、
アニメーションなしでは、
ありえない科学の世界になってきました。

 

 

 

 

【エヴァンゲリオン】
アニメを見ない方でも、
言葉こそ知っているであろう、

 

近年日本アニメ産業きっての、
大作アニメです。

 

 

 

 

エヴァンゲリオンが公開されて、
グッズ販売なども行われ、

 

 

映画が公開された年は、
アニメ市場かなり規模の大きい
売り上げを出したとか…

 

 

 

 

 

 

アニメ産業が地域を活性している県もあり、
日本では大きい市場となっているアニメ産業。

 

 

 

 

 

 

 

「世界に誇る日本のアニメ」と言われるほど、

 

日本のアニメ産業は盛り上がりを見せています。

 

 

 

 

 

 

アニメ産業の市場規模は、
アニメの制作や放映、映像配信、パッケージなど、
アニメ制作側が作り出す経済市場と、

 

 

ライセンスやキャラクターの商標、
パチンコや海外へのアニメ映像やグッズの販売などの、
アニメを商品として売り出すアニメ市場があります。

 

 

 

 

2011年のアニメ業界の売り上げは、

 

1500億円を越しています。

 

 

人間一人が一生涯に稼ぐ金額が
3億円だとしても、
1年間で500人の一生分の稼ぎを
算出しているんですね。

 

 

 

 

 

 

アニメ産業の売り上げは、
アニメそのものが作り出しているものだけではありません。

 

 

音楽業界やゲーム業界でも、
アニメの売り上げがかなりあります。

 

 

 

 

 

計2兆円ほどの売り上げを
年間出しているアニメ産業市場。

 

 

 

他の産業とは比べ物にならないくらい、
市場規模も大きいですね。

 

 

 

 

 

 

 

日本のアニメ産業は、
1960年頃から始まり、一時後退していたところが
あるものの、

 

中国のアニメ産業に追い付きを見せられても、
まだまだ市場規模は縮小するところを
見せません。

 

 

 

 

 

PCや携帯を
小学生でも持ち歩く時代ですから、

 

インターネットのアニメ有料配信や、
携帯でのアニメ配信市場も
まだまだ大きくなっていきそうです。

 

 

 

 


このページの先頭へ戻る