オタクとは?

 

【オタク】【ヲタク】【おたく】
いろんな書き方がありますが、

 

オタクと呼ばれると、
あまり良い印象を受けない方も
多いと思います。

 

 

 

 

オタクとは一体、
何を定義として総称づけているんでしょうか。

 

 

 

 

 

オタクとは、
1970年代以降に誕生した、
日本のサブカルチャーに対しての
ファンの総称として、定義されています。

 

 

 

 

 

「アニメ」「SF」などに対しての
ファンに限定した呼び方でしたが、

 

 

 

独特の行動や習慣、文化があり、
バブル時代に一気に言葉が広まったために、

 

定義も広くなり、
より広い領域のファンのことを統括して
オタクと呼ぶようになっています。

 

 

 

 

 

「お宅族」、「オタッキー」、「オタッカー」など、
呼び方は様々ですが、

 

 

【居宅】という意味で、
オタクという言葉ができたとか…

 

 

 

 

何かの分野に熱中・没頭していると、
オタクと呼ばれますよね。

 

 

 

それが、
インドアでのサブカルチャーに対してだと、
より強く【オタク】として
イメージつけられることがあります。

 

 

 

 

 

 

 

しかし、
アウトドアなサブカルチャーでも、

 

 

例えば、
「サッカーオタク」「野球オタク」
「バイクオタク」など、

 

 

何かに熱中していれば、
接頭詞として、
呼ばれることがありますよね。

 

 

 

 

おたくに対して、
はっきりと定義は確率していません。

 

 

 

辞書で引くと、
「趣味やある事柄に対しては深い関心を持っているが、
それ以外の知識が乏しく、
社会性や社交性が欠けている人物」として
説明されています。

 

 

 

 

 

確かに、
オタクとは呼ばれない、

 

一般的な趣味を広く持っている人、
例えば、
インドア・アウトドアどちらも好きで、
幅広い分野に知識や才能があり、
どんなことにも興味がある人だと、

 

社会性や社交性に欠けることもなく、
対人関係も上手くいくような気がします。

 

 

 

 

 

アニメ・SFなどのサブカルチャーに対してのみ、
深い知識や興味を持っていると、
社会性も欠けてしまうのかもしれません(偏見ではありませんが)

 

 

 

そういった認識が強く、
オタクと呼ばれる人も、自分をオタクだと認識し、
自称するようになりました。

 

 

 

 

 

 

似た言葉で、「マニア」という言葉がありますが、

 

強い興味や関心を持つという意味では、
オタクと変わりないような気がします。

 

 

 

 

 

 

どちらかと言えば、
「オタク」に対しての方が、
偏見や批難する目が
高いような気がします。

 

 

 

 

 

オタクには、
自分がすべきことを、後回しにしてでも熱中してしまう
「浪費型のオタク」と、
自分がしてきたすべてのことを、その趣味についやす
「投資型のオタク」があると思います。

 

 

 

 

投資型のオタクは、
マニアに近く、
世間的にはあまり批難されませんよね。

 

 

「自分のできる範囲で、自分でやっているんだから」
という考えでしょうか。

 

 

 

浪費型のオタクは、
俗に言う「ニート」と呼ばれるような
タイプのオタクだと
認識が強いですよね。

 

 

 

 

どちらのオタクも、
「興味がある」「熱中する」という繋がりがあり、
それがアニメだろうが、研究だろうが、

 

どんなことに対してでも、
「ファン」という形で、
人生を楽しみ、社会へ貢献しているのだから、
否定的に捉える言葉ではないと思います。

 

 

 

 

 

「オタク」と聞くだけで嫌な顔をする人がいますが、
何かに熱中し、その集中期間が長ければ、
「オタク」と呼ぶべき対象となると言えますよね?

 

 

 

だとしたら、
世界中の人間すべてが
「オタク」と呼ぶべき存在であるんじゃないかと思います。


このページの先頭へ戻る