アニメクリエイターとは?

 

 

アニメーションや漫画の世界で生きている、
【アニメクリエイター】

 

 

 

 

日本アニメは、高度な映像技術や表現が認められ

 

【ジャパニメーション】という言葉が生まれるほど、
人気の高いものとなりました。

 

 

 

子供から大人まで、幅広い世代・年代層に
支持され、絶大な人気を得ています。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

そんなアニメや漫画の仕事で活躍している
アニメクリエイターは、

 

夢のあるエンタテイメントを
世界に発信していく仕事です。

 

 

 

 

 

アニメクリエイターや漫画家、
声優やTV業界の方、
ゲームソフトや映画、インターネット、
出版会社など、
アニメ産業に関わり、
仕事をしている人たちがたくさんいます。

 

 

 

 

そんな中でも、
アニメの原点とも言える、
アニメーションを作る職業【アニメクリエイター】は、
PC技術が進んだ今では、

 

技術力の高い職業として、
簡単になれるようなものではありません。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

昔は、アニメ制作も、
原画を1枚づつ手書きで仕上げていました。

 

 

 

アニメクリエイターともなると、
キャラクター設定を見てアニメを作成するだけじゃなく、
原作にとにかく近づけながらも、
映画用やコマーシャル用のオリジナルキャラクターも
作らなければいけません。

 

 

 

 

新しいキャラクター作りもあり、
創作性や想像力・発想力の必要となる
職業です。

 

 

 

 

アニメクリエイターになるには、
専門学校や通信教育、短大など、
いろんな将来がありますが、

 

 

 

【アニメ】に興味がある方にとって
とても魅力的なお仕事なんじゃないでしょうか。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

「オタク」と呼ばれるのを
嫌うかたも多いかもしれませんが、

 

 

 

人は皆、自分の才能や趣味、興味にあった
お仕事につきたいと考えていると思います。

 

 

 

 

 

アニメ産業を盛り上げ、
世界に誇るアニメを制作していったのは、
アニメクリエイターの力があったからこそであり、

 

アニメクリエイターなしでは、
ここまでアニメ産業市場は拡大しなかったでしょう。

 

 

 

 

 

ただのアニメオタクから、アニメクリエイターとして
活躍している方もたくさんいらっしゃいます。

 

 

 

自分が好きなこと、興味のあることが
仕事にできるというのは
素晴らしいことだと思います。

 

 

 

 

そういった「プロ」として働く方や、
アニメ産業に一役買っている職業の方は、

 

日本が誇るべき「オタク」ではないんでしょうか。


このページの先頭へ戻る